ベーコンエッグパンケーキのつくり方

 

お久しぶりです。

寒い冬でもビール党、横浜工場の塚越です。

 

今回は、11月より幕張新都心店で先行販売中のパンケーキの小物入れシリーズ、ベーコンエッグの製作風景を少しご紹介したいと思います。

 

まずは、ベーコンと目玉焼きをホットプレートで焼きます。

 

・・・というのは冗談です。

 

これはホットプレートを使ってパーツを低温で温めている所です。

樹脂でつくったパーツは結構かためです。

このまま組み立てると自然なしんなり感が出ません。

そこでパーツをほんの少し温めて自然なしんなり感を出します。

 

※ホットプレートでの作業はスタッフが細心の注意を払って行っています。

 思わぬ事故を招く恐れもありますので決してまねをしないでください。

 

その後、パーツを一つ一つ接着剤でとめて行きます。

 

 

完成品はこちら。

 

 

食品サンプルづくりというと、特殊な機械や道具を使っていると思われる方も多いですが、実は皆さんの家庭にあるものを使っていたりします。

 

今回のパンケーキベーコンエッグは今までの甘いパンケーキシリーズとはちょっと違い、しょっぱい系です。

製作者が特にこだわっているのが、ベーコンのリアル感です。

是非、手にとってそのこだわりを見てみてください。

 

おそくなりましたが、2015年もよろしくお願いします!!