さんぷるんスイーツ攻略レシピ「パフェ Vol.6 抹茶」

さんぷるん、抹茶パフェの紹介です。
基本的なつくり方はイチゴパフェやチョコパフェと同じですが、今回はソフトクリームを絞るときに芯を入れて高くきれいに盛り付ける裏技をご紹介します。
ソフトクリーム(シリコン)は、匂いがしますので、製作する際はよく換気をしてください。

まず最初に内容物の確認です。
ソフトクリーム(シリコン)、開封用キャップ、口金、パフェグラス、白玉2色、あずき(シート)、カラースプレー、抹茶ソース、あんこソース、作り方説明書、各種注意書き

最初にあずきをカットします。
ハサミでひとつずつシートからカットしていきます。
良く切れるハサミを使用してください。
(怪我をしないよう気をつけてください)

あずきの煮くずれた感じを表現したいときは、シートの残った部分を細かくカットしておきます。

また、同様にあずきのいくつかを半分ににカットしておきます。
このひと手間でリアルさがアップします。

次に、カラースプレーのカットです。
5ミリくらいの長さにカットしていきます。

こんな感じです。

あんこソースと抹茶ソースを、沸騰したてのお湯で容器ごと温めて溶かします。
5分ほどで溶けます。

ソースを溶かしている間に、ソフトクリーム(シリコン)のチューブを開封用キャップで開封します。

密封フィルムが硬いため、少し力が必要です。
チューブの中央を力強く握ると中が飛び出るおそれがあるので気をつけてください。
なるべく開封口近くの固いところを握るようにしてください。

穴が開いたら、開封用キャップを抜き、口金を取り付けます。
ネジ式になっているので、奥までしっかり回し入れてください。
★開封キャップは後の裏技で使うので、シリコンをふき取って置いておきます。

口金がついたら、すぐに絞れるように準備しておきます。
チューブのお尻をねじってシリコンが口金からぎりぎり出ない程度まで絞り出しておきます。
準備ができたらチューブは水平に置いておきましょう。

作業中の作品の転倒を防ぐためパフェグラスをテーブルに固定します。
マスキングテープなどを使って作業のしやすいところに固定します。

抹茶ソースが溶けていることを確認して、タオルなどでよく水分を拭き取ります。
※抹茶ソースをお湯から取り出すときはやけどに注意してください。

抹茶ソースをグラスに入れます。
グラスの内側の側面にソースをつけないように気をつけながら、底にためるように入れてください。

大体このぐらいの量です。(容器に半分ぐらい残ります)

グラスに下の段のソフトクリームを絞っていきます。
ねじって余ったチューブのお尻は、折って一緒に握ると、中のシリコンがチューブ内で逆流せずに絞りやすいです。

シロップが冷えて固まる前にソフトクリームを絞っていきます。
まず、クリームをグラスの真ん中の底につくように絞り入れます。

シリコンが底についたら、そのままシリコンをほんの少し底に押しつけるイメージでシロップを押し上げ、ゆっくりと1巻き半ほど絞っていきます。
押し上げたシロップをクリーム追いかけるように絞っていくときれいな模様ができます。

あずきとあんこソースを混ぜます。
カットしたあずきを紙コップなどの容器に入れ、あんこソースを全部入れます。
割箸などを使ってよくかき混ぜてください。
※あんこソースお湯から取り出すときはやけどに注意してください。

あずきとあんこソースがよく混ざったらグラスに入れていきます。

グラスの外側から見たときにあんこの層がきれいに見えるように、グラスの内側に沿ってあずきの盛り付け位置を整えます。

こんな感じです。

ここからはソフトクリームを絞っていきます。
今回はソフトクリームの中心に芯を入れることによって、通常より高くきれいに絞る裏技をご紹介します。
※通常の絞り方はコチラ
まず、土台となるソフトクリームの層をしぼっていきます。
もう一度シリコンチューブのお尻をねじって中のシリコンをしっかり寄せていきます。

シリコンがチューブ内で逆流しないように、あまったチューブのお尻は折って一緒に握ることも忘れずに。

「の」の字を書くように、パフェグラスにふたをするような感じでソフトクリームを絞ります。

横から見るとこんな感じです。

芯として使う開封キャップを準備します。
そのままだと大きすぎるため、ハサミなどを使って太い部分をカットします。
※開封キャップは硬いため、かなり力が必要です。怪我をしないように十分に注意してください。お子様と製作する場合は、必ず大人の方が行ってください。

お風呂ぐらいの温度のお湯で数分温めておくとカットしやすくなります。

カットするとこんな感じです。とがった方を芯として使います。

芯のキャップをパフェグラスの中央にまっすぐ立てます。

いよいよソフトクリームを絞っていきます。
もう一度シリコンチューブのお尻をねじって中のシリコンをしっかり寄せます。
逆流防止のため、余ったチューブのお尻は折って一緒に握りましょう。

芯のキャップにそって下からとぐろを巻くように絞っていきます。
均等な量のシリコンを出し続けながらゆっくりと絞ります。

途中で止まらずに一気に一番上まで4周ほど絞っていきましょう。
焦ってはやく絞るとソフトクリームが細くなり中の芯が見えてしまうことがあるので、ゆっくりと均一なスピードで絞ってください。
最後は少し止めて、スッと上に引き上げるときれいに仕上がります。

2色の白玉をお好みの場所に盛り付けます。

カラースプレーをお好みで適量ふりかけて完成です。

シリコンが固まるまでは匂いがしますので、風通しの良いところに置いてください。
翌日には、表面は触れられる程度まで固まっていますが、内部まで完全に固まるには1週間ほどかかります。
※乳幼児、ペットなどの目につかないところに保管してください。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

開発者コメント

開発者

自分で作る食品サンプルキットの「さんぷるん」開発者 花木です。今後ともよろしくお願いします。
ブログも書いています。