さんぷるんスイーツ攻略レシピ「パフェ Vol.5 チョコレート」

さんぷるんスイーツ チョコパフェの紹介です。
基本はイチゴパフェと同じです。
シリコンクリームは、匂いがしますので、換気の良い所で制作して下さい。
まず最初に内容物の確認です。

パフェグラスと グラスの中にシロップとソフト口金
開封用キャップが入っています。
コーンフレーク チョコステック
ホイップシリコン カラースプレー
取り扱い説明書 注意書き書

最初にコーンフレークをカットします。

ハサミでひとつずつにばらしていきます。
良く切れるハサミか、大きいハサミを使用して下さい。
(怪我をしないよう気を付けて下さい)

こんな感じですね。

次に、カラースプレーのカットです。

ハサミで、5ミリ程度にカットします。

シロップを、沸騰したてのお湯に袋のまま入れます。
5分程で溶けます。

シロップが溶ける間に、シリコンホイップの先を開封用のキャップで穴を開けます。
少し硬いので、気を付けて開けて下さい。

穴が開きましたら、開封用キャップを取り外して、代わりにソフトの口金を取り付けます。

そして、グラスを用意して、机の上にテープなどで 固定します。
(初めて作られる方は固定した方が、クリームが絞りやすいです)

シロップが溶けましたら、タオルなどで良く水分を拭き取ります。

シロップをグラスに入れます。
グラスの淵に付けないように、気を付けて底にためて下さい。

シロップは、多めに入っていますので、半分くらいで十分です。

そして、シロップが固まる前にソフトクリームを絞ります。
まず、真ん中にクリームを流し、シロップを押し上げるように、ゆっくりと1巻き半程絞ります。

ソフトの波が見えるように絞ります。
グラスの真ん中よりほんのちょっと上くらいにクリームがくるくらいです。
コツは、クリームがシロップを押し上げるのを確認しつつ、ゆっくり絞り上げます。
早く巻き過ぎると、ソフトの山が上手く表現出来ませんよ。

次に、先程カットしたコーンフレークをパフェグラスの側面に貼り付けるように乗せていきます。

こんな感じですね。
結構余りました…。

次が、一番大事な作業です。
ここでも1巻き半絞ります。
なるべく容器の淵にクリームを付けないよう、上に高く絞ります。
ポイントは、クリームの出す量と動かす速さです。
ゆっくり、ゆっくりクリームの出方を見ながら、クリームを絞っていきます。

余り外に広げすぎますと、クリームが溶けたような感じになり、潰れてしまいます。
横幅は、ちょっと小さいかな?と思う感じで、上には高く絞るように、けっして下のクリームを潰さないように優しくです。

最後の頭の部分は、乗せるように、大きく高く、ゆっくりと引き上げます。

こんな感じになりました。
ちょっと小さいかな?と思うかもしれませんが、このくらいが一番綺麗に絞れます。
あとは、チョコスティックを見栄えの良い位置に乗せます。

カラースプレーを、上から降りかけます。

完成です。
※固まるまで、匂いがしますので、換気の良い所に置いて下さい。
翌日には、触れる程度に固まってますが、完全に固まるまでには、1週間程かかります。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

開発者コメント

開発者

自分で作る食品サンプルキットの「さんぷるん」開発者 花木です。今後ともよろしくお願いします。
ブログも書いています。