さんぷるん攻略レシピ「Vol.5 カレーライス」

さんぷるんカレーライスの紹介です。

まず最初に内容物の確認です。

皿、土台(発砲スチロール大・小)、スプーン、カレールー、ライス、具(豚肉、玉ねぎ、人参、じゃがいも、福神漬け)、接着剤、説明書、注意書き

※2016年3月29日以前に購入いただいたKITには「ろうそく」が入っていますが、このレシピ通りに製作していただければ「ろうそく」を使用しなくても製作が可能です。

はじめに土台を組みます。大小の発泡スチロールを両面テープで重ねて貼ります。

写真のように皿の真ん中に貼りつけます。

次は具の準備です。42~45℃のお湯に豚肉と玉ねぎを入れ、温めて柔らかくします。
※温度が高すぎると具が溶けてしまいます。水を足して温度を下げてください。

柔らかくなったらはさみでカットします。乱切りや三日月などお好きな形にカットしてください。
(写真は乱切りです)

玉ねぎはこんな感じでカットします。

カットしたら柔らかいうちにひねり、形を変えていきます。
硬くなってしまったら再度お湯の中で温めてください。

次に福神漬けをカットします。

こんな感じに切り離していきます。

次はライスの準備です。用意したカップにライスと接着剤(ボンド)を入れて混ぜていきます。
接着剤は福神漬けの接着に使用する分を残しておきます。

割り箸などを使ってよく混ぜます。
しっかり混ぜることで完成後にライスが取れやすくなるのを防ぎます。

混ぜ終わったら盛りつけです。
今回はカレールーとライスを分けて盛る半掛けにしますのでライスを片側に寄せて盛っていきます。

写真のように皿の中央部分が高くなるように盛ってください。

スプーンを添えます。
ライスを少しすくうように添えるとよりリアルになります。

次に具の半分量を盛りつけます。

こんな感じですね。

次はカレールーの準備です。
90~100℃の熱湯にパックのまま入れ、溶けるまで温めます。
本物のカレールーのようにドロドロになればOKです。

溶けたらお湯から取り出し、パックについた水分を拭き取ってください。

カレールーをかけていきます。
やけどに注意してパックの先を切り、さきほど盛りつけた具の上にかけていきます。

カレールーをかけ終わったら残りの具を盛りつけます。

筆などでカレールーを塗って自然な状態に仕上げていきます。
具が見えなくなってしまったらルーの中からすくいあげて調整します。

最後に福神漬けを残りの接着剤と混ぜ、お好きな位置に盛りつけていきます。

カレーライスの完成です。接着剤は乾くと透明になります。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

開発者コメント

開発者

自分で作る食品サンプルキットの「さんぷるん」開発者 花木です。今後ともよろしくお願いします。
ブログも書いています。